Home » 相続税の対策と準備について

相続税の対策と準備について

相続税相談の準備について

相続税はなくなった人の遺産を相続した場合、課税される税金です。相続税は課税される財産が多くなると、相続税も多くなる累進課税の仕組みになっています。累進課税とは課税対象が多いほどより高い税率を課する課税方式のことです。相続権利が発生した場合、10か月以内に申告しなければなりませんが短期間の間に色々な義務が生じてきます。相続や贈与の税金関連や遺産分割などは範囲が広く、期間や手続き、節税対策になる分配方法など複雑です。わからない場合は相続税相談を利用するのがお勧めです。

実践的な相続税相談とは

相続税の申告は被相続人がなくなってからでも間に合いますが、保険や不動産の活用など、節税対策については前もってやっておく必要があります。平成27年の税制改正では基礎工場額の引き下げと税率構造の変更で相続税が増額しました。死亡退職金や3年以内の贈与なども相続財産になり、相続税対策をおこなうことである程度評価額を下げることができます。注意が必要なのは課税対象で税務署へ申告を怠った場合、遅延税の負担になります。

相続と相続税の専門家

遺言書の作成や相続の方法を選択する際に、わからないことがあれば行政書士のアドバイスを受けましょう。相続税相談を前もってしておけば、相続税の試算と納税資金の額を知ることができます。遺産相続でトラブルにならないためにも相続税に関する知識をしっかりと深めて、前もって準備しておく必要があります。誰が相続人になるかは民法で決まっていますが、相続人以外でも財産を取得させることも出来ます。そのため相続対策は財産をだれに受け継いでもらうのが一番ベストなのかを中心に考えておくのが大切です。

日本では、身内が亡くなった時に相続税払わなければならないことが法律で決められています。相続税相談を求める方も多くいます。

Comments are closed.