Home » 信用取引にはどんなことが必要なのかということ

信用取引にはどんなことが必要なのかということ

担保が特に必要はないです

信用取引においても担保も必要になることもあります。但し、基本的には必要ないと思っておけばよいでしょう。具体的にいいますと証拠金です。要するにレバレッジをかける元金ともいえる部分になります。これがある意味では担保の一つとなります。しかし、一気にマイナスになる可能性があるのが実は信用取引の怖いところでもあります。いうまでもありませんが、逆に思いっきり稼ぐことができるようになる可能性もありますから、それがよい点です。

信用取引の担保として土地などを

融資を受ける時などは土地などが担保になりますし、また要求されることもあるでしょう。しかし、信用取引自体でそうしたことをされることはないです。ですから、担保として土地に抵当権をつける、というようなことはないです。融資を受けてやる、というのであればあるでしょうが、それは信用取引自体がそうした制度であるとは言い難いことになります。ですから、意外と自分の信用のみでレバレッジをかけることができるようになっています。

どんな取引ができるのか

証券もありますし、物品もありますし、貴金属もあります。いうまでもありませんが、こうした品物の取引が信用取引として出来ることがあります。株式取引、先物取引などがありますから、色々と選択肢を考えておくとよいでしょう。最近では外国為替などで利益を得ようとすることも多くなっています。どんな投資でも商品、証券系であれば意外と信用取引ができるようになっています。ですから、上手く活用して利益を高めるとよいでしょう。

信用取引の担保は、納めるべき最低額が法により定められています。その額は現金で30万円ですが、36万円相当の有価証券も担保として有効です。

Comments are closed.